1回1回の公演を大切にする意味

先日の、「民族芸能のつどい」で頂いたエネルギーからなのでしょうか、今日の表現は違っていました。勿論、お客さんによって変わるのですが、何か今まで足を踏み入れた事の無かった領域に、身を置いた様な感じでした。公演後、主催者の皆さんとの交流会でも、メンバーの感想が今までとは違っていました。初めて公演を見て下さった方からは、「そんなにも期待していなかったんですが、もう最初の太鼓演奏から、すっかり心を奪われました!」と、感想を寄せて下さいました。これからも歩みを止める事なく、前を向いて、全身全霊で精進していく事かなと思っています。この様な機会を頂き、本当にありがとうございました!
演目:水口囃子、寿獅子、花田の子守唄、車人形、南京玉すだれ、もちつきばやし

我が街写真ギャラリー