「初めて」という緊張をよそに

初めての依頼主からの要望で、初めての納涼会に伺いました。何分、「初めて」というと、一体どう上演したらいいのだろうかという、自分の中にある「芸能センサー」がハイレベルで稼働し、緊張感が全身を駆け抜けます。どう心配しても、精一杯上演するしかないのですが、どこか頭の隅で、そう事が進んでいきます。全身を駆け巡る緊張感の中、公演が始まっていきました。ところがどうでしょう、そんな緊張感をよそに、初めて見る花こまの芸能に、皆さんまるで子ども達の様に大はしゃぎじゃありませんか!どうぞ、お腹が一杯になるまで、私達の芸能を楽しんで帰って下さいね!

演目:寿獅子、そーらん節、花田の子守唄、南京玉すだれ

我が街写真ギャラリー