私たちにできること その2(川内村公演)

原発事故で、全村が放射能汚染地域となったため、住民の皆さん全員が村外避難されました。昨年6月には、村全域の避難指示が解除され、約1000名の皆さんが、現在帰村されています。今回は、皆さんの故郷、川内村コミュニティーセンターにお邪魔し、公演を見て頂きました。広い村ですので、皆さん集まって下さるのだろうかという心配をよそに、用意した椅子一杯の来場に、郡山の仮設当時からずっと支援されて来た皆さん方の、二度にわたる新聞折り込み、防災無線での案内が実ったんだと、胸を撫で下しました!車人形では、抱き合って顔を撫でまわし、まるでお盆に孫が帰省したかの様でした!自称「吉永小百合」さんによる玉すだれの手さばきには、こちらがビックリ!慣れない変な音曲付き餅つきにも、嫌な顔一つせず、楽しんで下さり、お蔭で美味しいお餅をたらふく頂き、ひと時の演芸を楽しんで頂く事ができました。

演目:寿獅子、車人形、南京玉すだれ、もちつきばやし

我が街写真ギャラリー