生きている歓び、幸せを表現するエネルギー(夏の猿まわし公演)

今日もクーラーが効いています、ありがたや!公演後、車いすで会場から出て来られる知り合いの奥さんと、ハグまがいの握手で再会を喜び合うのが恒例となっています。かつてはご主人と一緒に南京玉すだれのボランティアで活躍されました。今では、いくつかの不自由を抱えながらも、体全体を使って、あふれんばかりの生きている歓び、幸せを表現されるその姿に、結局こちらがエネルギーを頂いてしまいます。そんな仲睦まじいご夫婦をはじめ、会場に集まられたそれぞれの人生が幾重にも重なりあい、まるで公演と言う名の交流会の様でした。                        
演目:猿まわし鉄平君、八丈島太鼓、猿まわし一平君

我が街写真ギャラリー