阪神淡路大震災記念日を迎えて

一瞬の地震と火事でたくさんの命が奪われました。ひとりの命を失う辛さ、悲しさ、寂しさ、やるせなさが街中に溢れていました。そんな時、全国の皆さんのご支援で私達は生きて来る事ができました。皆さんのご支援に感謝致しております。世界に目を向ければいまだに紛争や戦争という火種が絶えません。世界中の人々が命を失う辛さ、悲しさ、寂しさ、やるせなさ、そして恐怖を二度と味わう事の無い事を願うばかりです。木枯らし吹きすさぶテント村で餅つきをしたり、炊き出しや配給活動をした事が思い出されます。いたるところにブルーシートが目立ち、これから先一体どうなるのだろうかと想像もつかない日々を重ね、それでも今に至りました。心寄せて頂いた皆様に感謝です。

我が街写真ギャラリー