餅つきを考える

みんなで力を合わせる行事は、どうしてこんなに楽しいのでしょう!終わった後には格別な美味しさが待っているのだ!しかし、その美味しい餅米、かつて稲作に掛ける労力は、今では想像できないくらい半端なく大変なものでした!親戚一同が故郷に集まり、寝食を共にし、日々重労働の毎日でした!誰が今さら想像するでしょう!ほんの40年ほど前までは、ごく当たり前に行われていた日常の風景です!お金を出せばスーパーで手軽買える美味しい食べ物。私達の元に来るまでに、大変な苦労と色んな人々が関わっている事を忘れてはなりませんね。
演目:寿獅子、もちつきばやし×4回

我が街写真ギャラリー