🐵猿まわし」の紹介

座名:猿舞座 (さるまいざ)

親方:筑豊大介(ちくほう だいすけ)

芸猿:🐵てっぺい君 <帆柱山鉄平> 

        (福岡県帆柱山出身) 

   🐵いっぺい君 <嵐山 一平>

      (京都府嵐山出身)

🐵筑豊大介さんとは

岡県在住で、定期的に関西方面にお越し下さり、保育園、老人施設、学校、イベント等で「猿まわし」を上演しています。

 1960年代に一度途絶えた「猿まわし」の芸能を、苦難末に再度復活をさせたメンバーの一人です。機会あるごとに各地公演先で「花こま」と組んで好評を得ています。

🐵所作芸について

といっても、伝統芸「猿舞所作芸」復活はとても重要です。猿が「正座」をしたり、ハンカチで涙をぬぐったり、「五木の子守唄」に合わせて赤ちゃんをだっこしたり、おんぶしたり、あやしたり、「安来節」では自分でほっかむりをして、ざるを持って踊ります。最後は、厄除けや健康と幸せを願って「輪抜け」の芸能となり、毎回お客さんは大喜びす。

🐵所作芸の難しさ

在活躍中の猿まわしが大勢いる中、アクロバット芸は盛んですが、「所作芸」ができる猿はほとんど居ないと言っても過言ではないでしょう。ひとつの所作を覚えるのに、数週間から1年という長い時間を掛けて、親方と猿との信頼を築く格闘が始まります。それほど、ひとつの芸を身に着けるのに時間と労力がいる芸能を復活させました。1回1回の演の積み重ねによって、お猿さんの芸も一歩一歩前進して参ります!いろんな方法で、いろんな処で、面白がって、皆さんの心を明るくしてくれる「猿まわし」公演の実現を心よりお待ち致しております!

🐵公演依頼について

独での公演依頼は公演料金に、交通費、宿泊費が発生いたします。ただし、関西方面での公演期間中は格安で上演する事ができます。また、大介さんの都合次第では、長期連日公演も可能です。詳しくは花こま迄お問い合わせ下さい

 

              🐵猿まわし公演🐵

我が街写真ギャラリー