「猿まわし」筑豊大介さんの紹介

座名: 猿舞座           (さるまいざ)

親方: 筑豊大介    (ちくほう だいすけ)

芸猿: 🐵てっぺい君 <帆柱山鉄平>

           (福岡県帆柱山出身)

          🐵いっぺい君 <嵐山いっぺい>

           (京都府嵐山出身)

🐵筑豊大介さんとは

岡県在住で、定期的に関西方面にお越し下さり、保育園、 老人施設、学校、 イベント等で「猿まわし」を上演しています。

1960年代に一度途絶えた「猿まわし」の芸能を、苦難 末に 再度復活をさせたメンバーの一人です。 機会あるごとに各地公演先で「花こま」と組んで好評を得ています。

🐵所作芸について

といっても、伝統芸「猿舞所作芸」復活はとても重要です。 猿が「正座」をしたり、ハンカチで涙をぬぐったり、「五木の子守唄」に合わせて赤ちゃんをだっこしたり、おんぶしたり、あやしたり、「 安来節」では自分でほっかむりをして、ざるを持って踊ります。 最後は、厄除けや健康と幸せを願って「輪抜け」の芸能となり、毎回お客さんは大喜び す。

🐵幻の調教法「本仕込み」とは

を家族の様に育てる中で、親方をリーダーとする信頼関係を作り、罰を与えずに調教する方法です。 「にわか仕込み」よりも芸の習得には時間がかかりますが、細やかな身振りで連続性のある芸を可能にし、一時間もの長時間に渡って人々を楽しませる事のできる「花猿」を仕込む事ができると言われていました。 しかし、その調教方法は全く不明で、幻の調教法と言われていました。

🐵所作芸の難しさ

がひとつの所作を覚えるのに、個性がありますので、数週 間から1年という長い時間が掛かります。 その間、親方と猿がお互いに辛抱強く、気が遠くなるような信頼を築く格闘の時間となります。 大介さんは、これまでの体験から、時間と労力がいるそれらの芸能を着実に復活させてきました。 人生をかけて愚直に取り組んでこられた成果です。 猿と一緒に出掛ける1回1回の演の積み重ねによって、 お猿さんも毎回理解を深め、一歩一歩前進していっています! 心を和ませてくれる「猿まわし」を、是非、皆さんのところで実現させて下さい

🐵公演依頼について

独での公演依頼は公演料金に、交通費、宿泊費が発生いたします。 ただし、関西方面での公演期間中は格安で上演する事ができます。 また、大介さんの都合次第では、長期連日公演も可能です。 詳しくは花こま迄お問い合わせ下さい

 

🐵猿まわし 公演🐵 

我が街写真ギャラリー